半空洞男女関係

思ったこととかプログラミングしてるときのメモとか色々かいてます。メールはidそのままgmail

レッツプッシュ購読

リーダブルコードを読みました

リーダブルコードを読んだ。感想書いてなかったので書く。

とは言っても随分前に読んだものなので、どんな感じだったかも忘れてしまったし、この所全くといっていいほどコードを書いていないので気にする機会も無かったように思う。リーダブルコードの良さなんてのは皆書いていると思うので、僕は読みながら考えたことを書く。

基本的に僕が書いたコードというのは他人が弄ることが無いので、ぶっちゃけ自分のコードの読みやすさというのは分からないし、ここが悪い、だとか指摘されることもない。Githubなんてやってるけど、ただの保存場所と化しているし、全くソーシャル・コーディング感ゼロ。友達とコードを一緒に書いたりすることも無買ったと思う。課題研究でも僕は「プログラミング担当」みたいな感じだったし、本当に今まで人と一緒にプログラミングをしたこともないような気がする。でもコードは綺麗に書こうとは心がけてはいる。

僕がコードを綺麗に書こうとする理由を考えてみると、それは自分のためなのだけれど、この「リーダブルコード」って本は、人と一緒にコードを書く人にとってはとっても重宝するものなのではないかなぁと思った。(もちろん一人でちまちま書いている人にとっても、未来の自分を助ける意味で重宝するだろうけど。)

世の中には色々「コードを綺麗に書けよ」って書いてあるWebの文章は転がっているけど、読みやすくて、分かりやすく書かれているものに出会ったことがない。コーディング規約というものが、どこかのリポジトリのWikiに書いてあったりするけれど、多分それだけじゃ伝わりきらないものもあると思う。

ところで。Webへの投稿でもコーディングでもなんでもいいんだけど、その先には人が居るってことを意識しないと残念な感じになるのだろうな。この文字列を誰かが読むんだ、って思ってないと汚くなる。


なお、2/10より行なって参りました「リーダブルコードの感想書かないと次の記事に進めないキャンペーン」ですが、本記事を持ちまして終了とさせて頂きます。短い期間ではありましたが誠にありがとうございました。