読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半空洞男女関係

思ったこととかプログラミングしてるときのメモとか色々かいてます。メールはidそのままgmail

レッツプッシュ購読

雑文: 蓄積されるデータ

日報とか、進捗をちょくちょくプライベートのtumblogにつけている。良いなと思う議論が研究室のSlackであったら、それをコピーして貼りつけている。このtumblogに蓄積されるデータは、僕のメインのtumblogよりも濃厚で、良質なデータである傾向が高いと思う。メインのtumblogは、データを大量に集めて、クラスタリングして、自分の位置づけをしていくような、そういうものだと思っているからそれはそれでいい。

さて、良質なデータは蓄積され続けるけど、見返す良い手段がない。しかし、ここで、重要な古典を引っ張り出してみる

http://kenmat.tumblr.com/post/150649917
kenmat.tumblr.com

Tumblrについては発生当初から議論されていて、今もなお、それについて考え続けている人がいる。よく分からないけど、インターネットを超えた向こう側に居るっぽい。それでこの引用は、1つの世界としてのPublicなTumblrでは効果的にはたらくと思う。しかしこの文章の最初に書いたような使い方だと、なかなか難しいのではないかという気がする。

それではTumblrを使う理由が無いのでは? と思うかもしれないが、そうではなくて、Tumblrはもうひとつ重要な発明をしていると思う。それがPostの種類を分けるということ。

gyazo.com

テキスト、画像、引用、リンク、チャット、音声、動画。進捗を手軽に書き残すならテキストや画像。ちょっとリッチに思い出を残すなら動画や音声。チャットで良い発言があったら引用やチャット。重要なリンクや参考文献にはリンクを使おう。これで大体の記録を残せるし、タグ付けしておけば後で追いかけられる。 /archives から眺めれば見栄えも最高だし、振り返りやすい…。と思ったのだが、これがいまいち振り返りやすくない。

多分、ブログの見た目のデザインが良くないのではと思ってて、もっと振り返ることに特化したデザインにすれば良いのではという気がしている。もしくは、いい感じに情報を提示してくれる仕組みが必要…

と、ここまで書いてみて、記録の仕方が悪いような気もしてきた。特にチャットはだらだらと長くてノイズになっているように思う。


これとは別の問題なのだが、Tumblrはメインブログ以外でフォローができない。つまり、もともとTumblrをヘビーに使っていた人は、ソーシャル機能を活かした上記のような「記録のためのtumblr」という使い方ができない。Twitterでいうリストがあると便利なのだけれど。サブアカウントを作るしか無いのか。

まあ、大体結局コレの話なんだよね。

hakkka.g.hatena.ne.jp