読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半空洞男女関係

思ったこととかプログラミングしてるときのメモとか色々かいてます。メールはidそのままgmail

レッツプッシュ購読

そういえばTwinkrun考えてた時もスゴい時間がかかったしそういうもんなのかもしれないと思った。Twinkrunのアイディアに切り替えたのは締切3~4時間前だった気がする。アイディア自体は割と初期に出てて、それをブラッシュアップしたものだった。


Twinkrunのアイディアについて分析したブログをこの前偶然発見した。発見した時は言及されてたワーイで終わってしまっていたんだけど、よくよく考えると訂正すべきことがあるかも、と思ったので言及しておきたい。

pika-shi.hatenablog.com

① 「A で B する」を逆にする

世にあるサービスの「A で B する」の A と B を入れ替えてみる,すなわち目的を手段化してみると,面白いアイデアが生まれることがある.

Twinkrun, Peta Peta - 「スマホでゲームする」→「ゲームでスマホを使う」 スマホを身に付けておこなう鬼ごっこ.世に溢れているスマホゲームとは逆で,従来のアウトドアゲームにスマホを持ち込んでいる.「スマホは画面を見るもの」というステレオタイプにとらわれない発想がよい.

それはそういう風に考えたわけではなくて、関係を作った結果そういう構造になっただけであって、これは特長であるんじゃないかと思う。特長はブラッシュアップするときに役立つことであり、発想のきっかけではないのではないか。発想した後に、どうやって削っていくか、どこを削ってよくてどこを削っていけないのかを考えるときに役立つと思う。

考えていった時の制約は

  • まずテーマが提示されていて「外に出て体を動かして遊ぶ新しいスマホアプリ」だった
  • まず目標設定として「全力で走らせる」があった
    • そこに向けてどうやって設計していくか?
  • 全力で走らせるには、画面とか見てられない
  • あるある系のARGゲーはやらない

このあたりだった。あとは色々案を出し合いながら色々…。

だからなんだという話ではないのだけれど、まあなんとなく、実際はこうでしたって話を書いておいたほうがいいかなと…。

上の記事のアンチパターンとかはそうかも、という気がします。とはいえなかなかいい企画を作り出すのは難しいっすね。