読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半空洞男女関係

思ったこととかプログラミングしてるときのメモとか色々かいてます。メールはidそのままgmail

レッツプッシュ購読

CDJ-2000NXS2をTraktorのコントローラとして利用する方法

この記事は「#kosendj Advent Calendar 2016」9日目の記事です。 昨日は id:frkout#kosendj Advent Calendar 2016 8日目 : フィジカル - frkout's diary でした。kosendjには少ないBPM80~100系のあべちゃんさんですが、またDJ聞きたいです。

さてさて、今日はTraktor Pro2のコントローラとしてCDJ-2000シリーズを活用する方法を解説します。CDJ-900系でもいけるかもしれないけど検証できてません。

いつもお世話になっているsabacoCDJ-2000NXSだったと思うのですが、今回借りたスタジオではなんとCDJ-2000NXS2でした。写真は違うものの流れはこれで行けると思います。Macのみの対象です。

必要なもの

しくみ(読み飛ばしてOK)

  • それぞれのCDJMacのサウンドデバイスとして認識されます。
    • なので、ミキシングはTraktor内ではなくハコのミキサーで行います。
  • 「内蔵スピーカー」とか「Soundflower」とか一つずつしかサウンドデバイスを選択できないけど、「機器セット」を作ることで2つのサウンドデバイスを1つのサウンドデバイスとして認識させることができる。
    • 手動でもできるけど、それの設定をしてくれるのがCDJ/XDJ Aggregator。
  • CDJTraktorと特殊なプロトコルで通信しているので、滑らかに色々操作できる。

手順

1. CDJMacをつなぐ

CDJMacをUSBケーブルでつなぎます。CDJのUSB端子はCDJの裏に隠れてます。

2. CDJ/XDJ Aggregatorを起動する

ダウンロードしてきたCDJ/XDJ Aggregatorを起動する。

gyazo.com

こんな感じの画面が出たらOK。OKボタン押していいです。

3. Traktor Pro 2を起動して諸々設定する

Traktor立ち上げます。まずはオーディオの設定をしたいので、⌘ + , で環境設定を表示。

4. オーディオデバイスの設定

Pioneer CDJ/XDJ に設定する。CDJ-2000とか出てるかもしれないけど、それを選ぶと片方からしか音が出なくなっちゃうので注意。

gyazo.com

5. 出力するチャンネルの設定

Output Routingを選んで、Mixing ModeExternalになっているか確認。なっていたら、Output Deck AOutput Deck Bがそれぞれセットされているか確認する。

gyazo.com

6. CDJの設定

LINK ボタンを押す。 f:id:mactkg:20161207155051j:plain

USB MIDI とか出ると思うけど右のノブを押して選択。 f:id:mactkg:20161207155058j:plain

少し待つとTRAKTORが(から?)認識される! f:id:mactkg:20161207155105j:plain

右のノブを回すと、そのコントローラをどのデッキに配置するかを決められる。お好きにどうぞ。 f:id:mactkg:20161207155111j:plain

7. オーディオの設定を調節する

試しにどちらかのデッキで鳴らしてみる。Deck Aで鳴らしてるはずなのに、右から音が出てる! という場合は5番のOutput Routingの設定を見直すと良い。

Output Deck A はDeck Aの音をどのデバイスで鳴らすかという設定。Output Deck Bと入れ替えると良い。

おわり!

以上です! この機能を使えば、いつも使い慣れているTraktorを使いつつ、現場ならではのCDJでDJを楽しめます。初めてのときはトラブルあるかと思うので、早めに入るとか、コミュニケーション取りながらやってみることをおすすめします。

また、CDJのバージョンがきちんと新しいかどうかも要確認。新しい方が安定するので、ハコやスタジオに確認しよう。

それでは楽しいDJライフを!